出産後、ホルモンバランスが崩れ、軽い焦燥感、不眠、食欲不振、疲労、頭痛、涙もろいなどのうつ症状がみられるのは「マタニティ・ブルー(ズ)」と呼ばれ、通常1~2週間程度で治まります。しかし「産後うつ病」はより重く、入院が必要になるケースが多いのが特徴です。産後3~6カ月以内に10~20%の方にみられ、その要因には生物学的要因と心理社会的要因が考えられています。 生物学的要因として、ホルモンバランスの大変動があります。妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンというホルモンが増加しますが、分娩によってこれらのホルモン量は急激に低下します。また、乳汁の分泌を促進するホルモンであるプロラクチンも、出産直後に一旦減少しますが、その後、授乳によって急激に上昇することが知られており、これら産後の性ホルモンの変動がうつ病と関連していると考えられています。
 躁うつ病という病気は直接「死」につながる病気ではありません。人一倍働くこともできるし、人の何倍もの早さで人を好きになることだってできる、また激しく落ち込んだり、動けなくなってどん底にいてもやがて波が来てすくいあげてくれる時がくる、そんな不思議な病気なのです。だれにも信用されなくて、元気でいるかと思えば、戸を閉めたまま眠っている、失くした信用は、一生かかっても取り戻せないかもしれないけれど・・・特に身内の場合の信用は尚のこと・・・(金銭面で躁状態の時に何度も派手になっているので)それでも私はここまで病気とつきあっていると、こんな病気でも嫌いになれないのです。躁うつ病はもう今では私の身体の一部です。個性とか自我の様なものが人間にあるとしたら、私の場合、躁うつ病も含めて私の個性だと思いたいです。死んでも死にきれないし、治りたくてもどこまでも私にくっついて離れないのだから一緒にいるしか、一緒に生きていくしかないように思います。
‚P‚O‘ã‚ÌçN‚¤‚•a‚ÌŽq‚Ç‚à‚ɑ΂·‚é—LŒø‚ÈŽ¡—ª‚ ‚è‚Ü‚·BçN‚¤‚•a‚ɑ΂·‚é—LŒø‚ÈŽ¡—ẤA•a‹C‚ɂ‚¢‚ẲƑ°‚Ö‚Ì‹³ˆçA’YŽ_ƒŠƒ`ƒEƒ€iƒŠ[ƒ}ƒXj–‚È‚Ç‚É‚æ‚é–ò•¨—Ö@A¸_—Ö@‚È‚Ç‚ðŠÜ‚Ý‚Ü‚·BƒŠƒ`ƒEƒ€‚Í‚µ‚΂µ‚΁AçNó‘Ô‚É‚È‚é‰ñ”‚â‚»‚Ì’ö“x‚ðŒ¸‚ç‚µA‚Ü‚½‚¤‚ó‘Ô‚ð—\–h‚·‚邱‚Æ‚É‚à–𗧂¿‚Ü‚·B¸_—Ö@‚́AŽq‚Ç‚à‚½‚¿‚ªŽ©•ª‚Ì‚±‚Æ‚ð—‰ð‚µAƒXƒgƒŒƒX‚É“K‰ž‚µAŽ©M‚ð‰ñ•œ‚µA‘ΐlŠÖŒW‚ð‰ñ•œ‚·‚邱‚Æ‚ð•‚¯‚Ü‚·B
UHC means that all people have access to the quality health services they need, when and where they need it, without financial hardship.  Making the right to health a reality is one of WHO’s primary goals. WHO is committed to ensuring that by 2024, one billion more people will benefit from access to services that address the most significant causes of disease and death. The quality of these services must be good enough to improve the health of people who receive them. The cost of services must not push people into poverty and destroy their futures and perhaps those of their children.
A new publication sharing the results of the Kobe Expert Meeting on health emergency and disaster risk management (Health EDRM) was published in the International Journal of Environmental Research and Public Health. The meeting convened members of the WHO Thematic Platform for Health Emergency and Disaster Risk Management Research Network.  The meeting identified research questions in five major areas for Health EDRM: health data management, psychosocial management, community risk management, health workforce development, and research methods and ethics. Funding these key research questions is essential to accelerate evidence-based actions during emergencies and disasters.
さて図1に示された10代で生活への影響の急増する精神疾患であるが、これは10歳未満にもみられる精神疾患とどう違うのであろうか。10歳未満の子どもの場合、メンタルや行動の障害で問題となるのは、落ち着きのなさや乱暴、情緒の不安定、大人や他の子どもと交われない・遊べないこと、学校や授業で発言できない(場面緘黙)等が多い。これには注意欠如多動性障害(ADHD)や自閉スペクトラム症(ASD)など、成長・発達の問題と関わる幼少期からの困難や障害が多く含まれる。すなわち乳幼児期から徴候が見られるものも含めて、年少期からの成長・発達に関わる問題としてまとめることが出来よう(図3)。これに対して、10代で増加するのは、パニック症などの不安症やうつ病、双極性障害、統合失調症といった大人に見られるものと同じ精神疾患である。10代は思春期と重なっており、第二次性徴の出現に代表されるように、心身ともに大人に向かっていく年代である。性ホルモンの分泌が活発となり、脳の中でも情動・感情の発現に関わる部分(扁桃体などの辺縁系と呼ばれる領域)の活動も活発となる。それとともに大人のものと同じ精神の不調・疾患が増加するということである。
 パニック障害が治療対象となったのは1980年代以降です。それまで強烈な不安が、動悸や呼吸困難感とともに襲って来ることがあり、耐え難いものであることは、あまり認められていませんでした。生涯でパニック発作を経験する人は、全人口の数十%に達すると言われて居ますが、「心臓の病気かと思って病院に行ったけど、気のせいだった」などと、振り返って多くは笑い話になってしまいます。しかし、その時の不安は強烈で、なかなか制御困難であると言われています。パニックと診断されるのは少し抵抗があって、「アナライズ・ミー」というロバート・デニーロの喜劇映画がありますが、この中で「あんたは単にパニックなんだ」と軽く告知した医師に、「俺がパニックだと!」と激怒したマフィアのボスであるデニーロが襲いかかるシーンがあります。体験する本人には深刻な問題なので、丁寧に説明する必要があります。
×