私のうつ病歴は27年にも及びました。結婚5年目でやっと恵まれた子どもの産褥期から始まりました。日常の生活が夢の中で見ているような現実感のないものに感じられ、頭がボンヤリとして考えがまとまらない、体に鉛が入ったように重くて動きが辛い、「頑張らないと!頑張らないと!!」と自らの気持ちを持ち上げ、家事と育児をやっとの思いでこなす日が続き、ある朝、突然起き上がれなくなりました。近くの大学病院でいくつかの科の診察を受けた後、精神科で「大うつ病」と診断を受けました。当時のうつ病の治療は①処方された薬をきちんと飲むこと、②体調が悪い時は十分に休養すること、③薬を長く飲み続けることで病相が抑えられる、ということで、私はよくなりたい一心で真面目に治療を受けてきましたが、それでも1年の1/4ほどうつ症状が出て、日常生活が困難になることに疲れ果て、医療が信じられなくなり、民間療法の数々を試し、2年前に断薬に辿り着いたものの、この間の体調の悪さが「もう一度きちんとした診断を受けて、薬物療法だけに頼らない治療を受けよう」という冷静な判断を導いてくれ、慈恵医大で森田療法を受けようと迷わず思いました。
出産後、ホルモンバランスが崩れ、軽い焦燥感、不眠、食欲不振、疲労、頭痛、涙もろいなどのうつ症状がみられるのは「マタニティ・ブルー(ズ)」と呼ばれ、通常1~2週間程度で治まります。しかし「産後うつ病」はより重く、入院が必要になるケースが多いのが特徴です。産後3~6カ月以内に10~20%の方にみられ、その要因には生物学的要因と心理社会的要因が考えられています。 生物学的要因として、ホルモンバランスの大変動があります。妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンというホルモンが増加しますが、分娩によってこれらのホルモン量は急激に低下します。また、乳汁の分泌を促進するホルモンであるプロラクチンも、出産直後に一旦減少しますが、その後、授乳によって急激に上昇することが知られており、これら産後の性ホルモンの変動がうつ病と関連していると考えられています。
^ a b Parker G, Fink M, Shorter E, Taylor MA, Akiskal H,Berrios G, Bolwig T, Brown WA, Carroll B, Healy D, Klein DF., Koukopoulos A, Michels R, Paris J, Rubin RT, Spitzer R, Swartz C (2010). “Issues for DSM-5: Whither Melancholia? The Case for its Classification as a Distinct Mood Disorder.”. American J Psychiatry 167 (7): 745-747. doi:10.1176/appi.ajp.2010.09101525. PMC 3733615. PMID 21131414.

UHC means that all people have access to the quality health services they need, when and where they need it, without financial hardship.  Making the right to health a reality is one of WHO’s primary goals. WHO is committed to ensuring that by 2024, one billion more people will benefit from access to services that address the most significant causes of disease and death. The quality of these services must be good enough to improve the health of people who receive them. The cost of services must not push people into poverty and destroy their futures and perhaps those of their children.
^ a b Parker G, Fink M, Shorter E, Taylor MA, Akiskal H,Berrios G, Bolwig T, Brown WA, Carroll B, Healy D, Klein DF., Koukopoulos A, Michels R, Paris J, Rubin RT, Spitzer R, Swartz C (2010). “Issues for DSM-5: Whither Melancholia? The Case for its Classification as a Distinct Mood Disorder.”. American J Psychiatry 167 (7): 745-747. doi:10.1176/appi.ajp.2010.09101525. PMC 3733615. PMID 21131414.
In the keynote speech entitled, “No one left behind, from MDGs to SDGs ”, Prof Eisei Kurimoto, Vice President of Osaka University explained the world trends changed in the duration of MDGs and future challenges in the duration of SDGs.  He said, ” Is the concept of being left behind really correct? Sometimes it becomes a line of sight from the top. I have seen plenty of problems in Africa that arise between development and keeping of old-fashioned living. It is true that the United Nations is the main key player for the achievement of SDGs, but the UN is sometimes ineffective. It is important that all stakeholders move forward one by one in complex values and problems.”
^ “DNA Methylation Profiles of the Brain-Derived Neurotrophic Factor (BDNF) Gene as a Potent Diagnostic Biomarker in Major Depression author=Manabu Fuchikami, Shigeru Morinobu, Masahiro Segawa, Yasumasa Okamoto, Shigeto Yamawaki, Norio Ozaki, Takeshi Inoue, Ichiro Kusumi, Tsukasa Koyama, Kounosuke Tsuchiyama, Takeshi Terao”. PLoS ONE. (2011-08-30). doi:10.1371/journal.pone.0023881.
‚±‚̂悤‚ȏǏó‚Ì‚¢‚­‚‚©‚́AçN‚¤‚•aˆÈŠO‚Ì–â‘è‚ð•ø‚¦‚Ä‚¢‚éê‡|‚½‚Æ‚¦‚΁A–ò•¨‚Ì——pA”ñsA’ˆÓŒ‡Š×‘½“®áŠQiA.D.H.D.j‚╪—ô•a|‚̏Ǐó‚ÉŽ—‚Ä‚¢‚Ü‚·Bf’f‚Í’·Šú‚ɂ킽‚Á‚āA’ˆÓ[‚­ŠÏŽ@‚µ‚½ã‚ŏ‰‚߂ĉ”\‚É‚È‚è‚Ü‚·BŽ™“¶Â”NŠú¸_‰Èˆã‚É‚æ‚é\•ª‚È•]‰¿‚É‚æ‚Á‚āAŽq‚Ç‚à‚Ì–â‘肪çN‚¤‚•a‚É‚æ‚é‚à‚Ì‚©•Ê‚Ì–â‘è‚©‚ð‚Í‚Á‚«‚肳‚¹‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«A–â‘è‚ɉž‚¶‚½Ž¡—ÂðŽn‚߂邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚é‚悤‚É‚È‚é‚Å‚µ‚傤B

A new publication sharing the results of the Kobe Expert Meeting on health emergency and disaster risk management (Health EDRM) was published in the International Journal of Environmental Research and Public Health. The meeting convened members of the WHO Thematic Platform for Health Emergency and Disaster Risk Management Research Network.  The meeting identified research questions in five major areas for Health EDRM: health data management, psychosocial management, community risk management, health workforce development, and research methods and ethics. Funding these key research questions is essential to accelerate evidence-based actions during emergencies and disasters.


DSM-IVの特定不能のうつ病性障害の項には、抑うつ性の特徴を伴うものが紹介され、関連する診断に、気分変調症(慢性的だが軽度の気分変調が長く持続する)[89]、抑うつを伴う適応障害(特定可能な出来事やストレッサーによって落ち込みが起きている)があり除外する必要がある[90]。それ以外の場合に特定不能のうつ病性障害が考慮され、大うつ病エピソードが身体疾患や薬物あるいは原因がないのか判別できない場合にこの診断名を用いたり、また共に研究用診断基準案である小うつ病性障害(英語版)(大うつ病エピソードの症状の幾つかのみが存在する)[91]と反復性短期うつ病性障害(英語: recurrent brief depression)(12か月にわたり毎月起きている2週間までのうつ病性のエピソード)が[92][93]、紹介されている[90]。
大学卒業後、現在の会社に入社しました。最初は、会社生活になかなかなじめませんでしたが、こつこつと努力を積み重ねた私の仕事ぶりは、いつのまにか認められるようになり、仕事に大きな自信が持てるようになっていきました。係長に昇格した翌年、結婚しました。すべてが順調に回転していた時期でした。しかし、周囲の期待に応えようと、日々全力投球で仕事に没頭し、以降うつ病で倒れるまで、深夜残業、休日出勤が続きました。家庭生活では、妻が近くに住む嫁姑問題が原因で、不安神経症となり、精神科に通院するようになりました。1年間程、妻はひきこもり状態になりました。悪いことは重なるもので、不況から会社の業績は急激に悪化してきました。仕事は更に激しさを増し、職場は戦場と化し、それと妻の看病、家事。私はフラフラの兵士でした。この頃、自分の精神状態がおかしいことに気づき、妻の病気の関係上、多少知識がありましたので、これは、うつ病だと思い、迷わず精神科に行きました。結果はやはりうつ病でした。医師からはしばらく会社を休むように勧められましたが、会社は、長期の休みを言い出す雰囲気ではありませんでした。また人事異動で上司が変わり、その上司との人間関係にも悩み、自分はだんだんと追い詰められていきました。ついに会社の事務所で倒れ、以降数ヶ月間会社を休み、また嫁姑との更なる関係悪化から、妻が突然、家を出て行き別居生活にはいりました。私がうつ病ではなかったら、妻と母親との間に入り別居、そして離婚という事態には至らなかったかもしれません。
×