The UK House of Lords Select Committee on Social Care Funding in England has called upon Dr Jonathan Cylus of WHO’s European Observatory on Health Systems and Policies to provide evidence and review the implications of potential revenue raising mechanisms to fund social care in England. WKC funded research was prominently featured in the discussion on the stability and sustainability of different funding mechanisms.


 パニック障害が治療対象となったのは1980年代以降です。それまで強烈な不安が、動悸や呼吸困難感とともに襲って来ることがあり、耐え難いものであることは、あまり認められていませんでした。生涯でパニック発作を経験する人は、全人口の数十%に達すると言われて居ますが、「心臓の病気かと思って病院に行ったけど、気のせいだった」などと、振り返って多くは笑い話になってしまいます。しかし、その時の不安は強烈で、なかなか制御困難であると言われています。パニックと診断されるのは少し抵抗があって、「アナライズ・ミー」というロバート・デニーロの喜劇映画がありますが、この中で「あんたは単にパニックなんだ」と軽く告知した医師に、「俺がパニックだと!」と激怒したマフィアのボスであるデニーロが襲いかかるシーンがあります。体験する本人には深刻な問題なので、丁寧に説明する必要があります。
さて図1に示された10代で生活への影響の急増する精神疾患であるが、これは10歳未満にもみられる精神疾患とどう違うのであろうか。10歳未満の子どもの場合、メンタルや行動の障害で問題となるのは、落ち着きのなさや乱暴、情緒の不安定、大人や他の子どもと交われない・遊べないこと、学校や授業で発言できない(場面緘黙)等が多い。これには注意欠如多動性障害(ADHD)や自閉スペクトラム症(ASD)など、成長・発達の問題と関わる幼少期からの困難や障害が多く含まれる。すなわち乳幼児期から徴候が見られるものも含めて、年少期からの成長・発達に関わる問題としてまとめることが出来よう(図3)。これに対して、10代で増加するのは、パニック症などの不安症やうつ病、双極性障害、統合失調症といった大人に見られるものと同じ精神疾患である。10代は思春期と重なっており、第二次性徴の出現に代表されるように、心身ともに大人に向かっていく年代である。性ホルモンの分泌が活発となり、脳の中でも情動・感情の発現に関わる部分(扁桃体などの辺縁系と呼ばれる領域)の活動も活発となる。それとともに大人のものと同じ精神の不調・疾患が増加するということである。
The WHO’s Centre for Development is strategically placed in Kobe to conduct research for health systems of the future accelerate progress towards UHC. We work with researchers across the globe to explore best practices and how they can help other countries achieve UHC. Our work focuses on innovative solutions that strengthen health and the delivery of healthcare solutions, especially for rapidly ageing populations.
DSM-IVの特定不能のうつ病性障害の項には、抑うつ性の特徴を伴うものが紹介され、関連する診断に、気分変調症(慢性的だが軽度の気分変調が長く持続する)[89]、抑うつを伴う適応障害(特定可能な出来事やストレッサーによって落ち込みが起きている)があり除外する必要がある[90]。それ以外の場合に特定不能のうつ病性障害が考慮され、大うつ病エピソードが身体疾患や薬物あるいは原因がないのか判別できない場合にこの診断名を用いたり、また共に研究用診断基準案である小うつ病性障害(英語版)(大うつ病エピソードの症状の幾つかのみが存在する)[91]と反復性短期うつ病性障害(英語: recurrent brief depression)(12か月にわたり毎月起きている2週間までのうつ病性のエピソード)が[92][93]、紹介されている[90]。
‚P‚O‘ã‚ÌçN‚¤‚•a‚ÌŽq‚Ç‚à‚ɑ΂·‚é—LŒø‚ÈŽ¡—ª‚ ‚è‚Ü‚·BçN‚¤‚•a‚ɑ΂·‚é—LŒø‚ÈŽ¡—ẤA•a‹C‚ɂ‚¢‚ẲƑ°‚Ö‚Ì‹³ˆçA’YŽ_ƒŠƒ`ƒEƒ€iƒŠ[ƒ}ƒXj–‚È‚Ç‚É‚æ‚é–ò•¨—Ö@A¸_—Ö@‚È‚Ç‚ðŠÜ‚Ý‚Ü‚·BƒŠƒ`ƒEƒ€‚Í‚µ‚΂µ‚΁AçNó‘Ô‚É‚È‚é‰ñ”‚â‚»‚Ì’ö“x‚ðŒ¸‚ç‚µA‚Ü‚½‚¤‚ó‘Ô‚ð—\–h‚·‚邱‚Æ‚É‚à–𗧂¿‚Ü‚·B¸_—Ö@‚́AŽq‚Ç‚à‚½‚¿‚ªŽ©•ª‚Ì‚±‚Æ‚ð—‰ð‚µAƒXƒgƒŒƒX‚É“K‰ž‚µAŽ©M‚ð‰ñ•œ‚µA‘ΐlŠÖŒW‚ð‰ñ•œ‚·‚邱‚Æ‚ð•‚¯‚Ü‚·B
うつ病でもっとも注意が必要なのは自殺ですが、産後うつ病の場合には子どもへの虐待や子どもを道連れにした母子心中に発展してしまう恐れがありますから、早期に発見して治療を開始することが必要です。過去にうつ病になったことがある場合、特に産後うつ病になったことがあると、発症リスクが高まると考えられています。うつ病の既往がある場合には、産婦人科の主治医の先生にもそのことを伝えておきましょう。産後うつ病を早期に発見する方法としては、イギリスで開発された「エディンバラ産後うつ病自己調査票(EPDS)」があります。産後の1カ月検診や新生児訪問時などに実施されている信頼性の高いテストですから、チェックしてみるとよいでしょう。ただし、正確な産後うつ病の診断には精神科を受診する必要があります。テストのスコアに関わらず不安を感じる場合には、産婦人科や精神科で相談してみましょう。

Primary health care is the foundation of universal health coverage. It is an approach that embraces all of society for better health and wellbeing, centred on the needs and preferences of individuals, families and communities. It focuses on the essential package of care needed for physical, mental and social health and wellbeing, from promotion of health and prevention of disease and ill health, to treatment, rehabilitation and end-of-life care, in accessible settings where people live or work.


次に、「人の為に尽くす」ということですが、そんなに大げさなことはしなくていいのです。人に親切にするのです。人に優しく接するのです。そしたら、相手は喜んでくれるかもしれません。素敵な笑顔に出会えるかもしれません。「人に尽くす」という言葉は、自己犠牲的なイメージを持たれる方がおられるかも知れませんが、「どうしたら他人に喜んでもらえるかなぁ」と考えることは、だんだんとても楽しいことになっていきます。そして何よりも私達神経質者にとって、「自分のことばかり考えている」という呪縛から逃れられるのです。自分のことばかり考えていたら、それはもういろんなことが、心配になってきて悩ませられるのは、当然です。「どうしたら他人に喜んでもらえるかなぁ」と考えることは、自己中心性を少なくし、人間関係もうまくスムーズに流れるように思います。他人に喜んでもらうということが、自分にとって最高の喜びだと感じるようになれば、こんな幸せことはありません。
×