うつ病は、一言で説明するのはたいへん難しい病気ですが、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、それによって憂うつな気分やさまざまな意欲(食欲、睡眠欲、性欲など)の低下といった心理的症状が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状を伴うことも珍しくありません。つまり、エネルギーの欠乏により、脳というシステム全体のトラブルが生じてしまっている状態と考えることもできます。 私たちには自然治癒力という素晴らしい機能が備わっていて、通常はさまざまな不具合を回復へ導いてくれます。私たちは日常生活の中で、時折憂うつな気分を味わいます。不快な出来事によって食欲が落ちることもあります。しかし、脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって、時間の経過とともに元気になるのが通常です。時間の経過とともに改善しない、あるいは悪化する場合には生活への支障が大きくなり、「病気」としてとらえることになります。そのため、仕事・家事・勉強など本来の社会的機能がうまく働かなくなり、また人との交際や趣味など日常生活全般にも支障を来すようになります。
ハーブとして利用されているセント・ジョーンズ・ワートは、ドイツをはじめいくつかの国では軽症のうつに対して従来の抗うつ薬より広く処方されている[203]。日本ではサプリメントとして市販されている。副作用があり、日本での治療エビデンスは希薄である[151]。臨床研究の結果は成否さまざまで、軽症から中等症のうつに対して有効でかつ従来の抗うつ薬よりも副作用が少ないとする研究がある一方で、プラセボ以上の効果は見られないとする研究もある。コクランレビューによる2008年の報告[204]によると、これまでのエビデンスからプラセボ群より優れた効果を示し、標準的な抗うつ薬と同等に効果があるが副作用は小さいことが示唆されるという。ただし重度の抑うつには効果が弱いとされるほか、同時に服用した他の薬の効果に干渉することがあるため注意が必要とされる[205]。
In the following panel discussion, four high school students took the podium. First, Mr. So Fujiwara,  a third-year student at Ono High School said, "I think to introduce PC based self-learning tools is one of the solution for the education in rural area in low income countries”.  Mr Yuzuki Kume, a second-year student at Kawanishi Midoridai High School said, "To stop global warming, we need to consider how to reduce current existing CO2, for example, by using technology of artificial photosynthesis, in addition to consider how to prevent to produce more CO2.” Next, Mr Tatsuya Shimoyama, a second-year student at Takarazuka Kita High School year said, "We need to consider more on waste management system to shift from incineration to recycle.  We can learn from good models in Sweden.”
UHC means that all people have access to the quality health services they need, when and where they need it, without financial hardship.  Making the right to health a reality is one of WHO’s primary goals. WHO is committed to ensuring that by 2024, one billion more people will benefit from access to services that address the most significant causes of disease and death. The quality of these services must be good enough to improve the health of people who receive them. The cost of services must not push people into poverty and destroy their futures and perhaps those of their children.
UHC means that all people have access to the quality health services they need, when and where they need it, without financial hardship.  Making the right to health a reality is one of WHO’s primary goals. WHO is committed to ensuring that by 2024, one billion more people will benefit from access to services that address the most significant causes of disease and death. The quality of these services must be good enough to improve the health of people who receive them. The cost of services must not push people into poverty and destroy their futures and perhaps those of their children.
 恥ずかしながら、実際にもうこれ以上病気と共に生きていくのが嫌になり、その時大量の薬を飲んでしまいました。幸か不幸か家族には遺書まで書いたものの、ゴミ箱に捨てられていて吐き戻した薬は、牛乳と間違われ、顔や頭にひどいけがをしたのは薬のせいでなく普段からよく目まいがするからそれで転倒してのこととなっていました。気がついたら集中治療室で、病院の先生だけが「どうしてあんなに薬を飲んだの。」と聞かれるのでした。私は家族には知られないまま、命も助けて下さって・・・とだれに言って良いかわからないけど、こんなひとりの生き方をどこかで見守っていてくださる方に、それは神様かもしれないし、私よりもっとひどい躁うつ病で苦しんでいる人かもしれないその方にことばにならないことばでお礼を言っているのでした。もちろんあの世に行くつもりで本当に薬を飲んだのですが「生きろ」ということなんだ・・・自分がおそろしいことをしていながら、だれかが「生きろ」と背中を押してくれているようで本当に孤独でどうしようなくみじめなひどい状態だったけど、だれにも私の真意を知られなかっただけにほんとうのひとりぼっちになっただけに私にしか聞こえない、不思議なだれかとの会話だったのかもしれません。
UHC and primary health care recognise that health is a fundamental human right. They put people at the centre, and empower individuals, families and communities with knowledge and care to optimize their health. This requires stakeholders to work together across sectors to address the social, economic, environmental and commercial factors that influence health and wellbeing (the determinants of health). A health system strengthened through UHC and primary health care is resilient and copes better with natural disasters and emergencies.

ハーブとして利用されているセント・ジョーンズ・ワートは、ドイツをはじめいくつかの国では軽症のうつに対して従来の抗うつ薬より広く処方されている[203]。日本ではサプリメントとして市販されている。副作用があり、日本での治療エビデンスは希薄である[151]。臨床研究の結果は成否さまざまで、軽症から中等症のうつに対して有効でかつ従来の抗うつ薬よりも副作用が少ないとする研究がある一方で、プラセボ以上の効果は見られないとする研究もある。コクランレビューによる2008年の報告[204]によると、これまでのエビデンスからプラセボ群より優れた効果を示し、標準的な抗うつ薬と同等に効果があるが副作用は小さいことが示唆されるという。ただし重度の抑うつには効果が弱いとされるほか、同時に服用した他の薬の効果に干渉することがあるため注意が必要とされる[205]。
私のうつ病歴は27年にも及びました。結婚5年目でやっと恵まれた子どもの産褥期から始まりました。日常の生活が夢の中で見ているような現実感のないものに感じられ、頭がボンヤリとして考えがまとまらない、体に鉛が入ったように重くて動きが辛い、「頑張らないと!頑張らないと!!」と自らの気持ちを持ち上げ、家事と育児をやっとの思いでこなす日が続き、ある朝、突然起き上がれなくなりました。近くの大学病院でいくつかの科の診察を受けた後、精神科で「大うつ病」と診断を受けました。当時のうつ病の治療は①処方された薬をきちんと飲むこと、②体調が悪い時は十分に休養すること、③薬を長く飲み続けることで病相が抑えられる、ということで、私はよくなりたい一心で真面目に治療を受けてきましたが、それでも1年の1/4ほどうつ症状が出て、日常生活が困難になることに疲れ果て、医療が信じられなくなり、民間療法の数々を試し、2年前に断薬に辿り着いたものの、この間の体調の悪さが「もう一度きちんとした診断を受けて、薬物療法だけに頼らない治療を受けよう」という冷静な判断を導いてくれ、慈恵医大で森田療法を受けようと迷わず思いました。
×