そのような時に出会ったのが、精神科医に勧められた森田療法と生活の発見会でした。生活の発見会(神経症の自助グループ)の集談会(会合)への初参加は、感動的でした。ここには、私の悩みを親身になって、耳を傾けてくれる人達がいる。私の苦しみ、悩みを解決に導いてくれそうだと、大きな出会いのようなものを感じました。しかしながら、うつ病の症状は辛く、孤独な日々でした。もう肉体的にも精神的にもエネルギーが、ゼロに近い状態でした。毎日、会社に行くことだけで、私は精一杯でした。頭は朦朧とし、体は、うつ病特有のあのいやなだるさ、疲労感に悩まされました。何をする意欲も失いました。自分はもうだめになってしまった。このまま一生この状態が続くのかと絶望的でした。復職後配属された部署は、今までとは全然違う、私にとっては畑違いのところでしたので、おぼえることは一杯ありましたが、何一つ習得出来ないまま日々が過ぎていくだけでした。うつ病前エリートコースを歩んでいた自分は、もはや見る影もなく、後輩の女子社員からも「いいかげん早く仕事をおぼえてください。」と叱責をあびる始末でした。この頃、今では信じられないことですが、電話を出るのも怖くて受話器を取ることも出来ませんでした。また、うつ病という病気に対し、まだまだ非常に理解が少なく、その偏見にも苦しみました。毎日が地獄のような日々でした。唯一心が安らぐのが、帰宅後、森田関係の本を読むことでした。この時間だけが、地獄から抜け出られる時間でした。つらく、苦しい日々でもなんとか会社勤めをやっていけたのは、その当時は意識してはいませんでしたが、『自然に服従し、境遇に従順なれ』という森田先生の言葉をいつのまにか体得していたからのように思います。自分は、病気で一人前の仕事が出来ない、だから人から一人前扱いされないのは、しかたのないことだ。自分が今弱いならば、その弱さに徹しようとしていたからかも知れません。

^ Stone, M; Laughren, T, Jones, ML, Levenson, M, Holland, PC, Hughes, A, Hammad, TA, Temple, R, Rochester, G (2009-08-11). “Risk of suicidality in clinical trials of antidepressants in adults: analysis of proprietary data submitted to US Food and Drug Administration”. BMJ (Clinical research ed.) 339: b2880. doi:10.1136/bmj.b2880. PMC 2725270. PMID 19671933.
もし あなた が うつ病 に かかっ て いる なら,無理 の ない 方法 で 体 や 心 の 健康 を ケア し ましょ う。例えば,体 に 良い 食事 を 取り,十分 な 睡眠 を 取り,定期 的 に 運動 し ます。運動 を する と,化学 物質 が 放出 さ れ て,気分 が 良く なり,元気 が 出 て,よく 眠れる よう に なり ます。できれ ば,どんな 時 に 鬱 の スイッチ が 入る の か を 突き止め て,それ を 避ける 工夫 を し て ください。信頼 できる 人 に 気持ち を 打ち明け ます。家族 や 友人 など 親しい 人 たち と の 絆 は あなた を 支え,うつ病 と 上手 に 付き合える よう 助け て くれる の で,症状 が 軽く なる か も しれ ませ ん。自分 の 考え や 気持ち を 日記 に つける こと も でき ます。先 ほど の ジュリア も そう し まし た。そして 何 より も,自分 と 神 と の 関係 に 注意 を 向ける こと が 大切 です。そうすれば,人生 に 対し て もっと 明るい 見方 が できる よう に なり  ます。イエス ・ キリスト は こう 述べ て い ます。「自分 の 霊的 な 必要 を 自覚 し て いる 人 たち は 幸い です」。―マタイ 5:3。
The UK House of Lords Select Committee on Social Care Funding in England has called upon Dr Jonathan Cylus of WHO’s European Observatory on Health Systems and Policies to provide evidence and review the implications of potential revenue raising mechanisms to fund social care in England. WKC funded research was prominently featured in the discussion on the stability and sustainability of different funding mechanisms.
私のうつ病歴は27年にも及びました。結婚5年目でやっと恵まれた子どもの産褥期から始まりました。日常の生活が夢の中で見ているような現実感のないものに感じられ、頭がボンヤリとして考えがまとまらない、体に鉛が入ったように重くて動きが辛い、「頑張らないと!頑張らないと!!」と自らの気持ちを持ち上げ、家事と育児をやっとの思いでこなす日が続き、ある朝、突然起き上がれなくなりました。近くの大学病院でいくつかの科の診察を受けた後、精神科で「大うつ病」と診断を受けました。当時のうつ病の治療は①処方された薬をきちんと飲むこと、②体調が悪い時は十分に休養すること、③薬を長く飲み続けることで病相が抑えられる、ということで、私はよくなりたい一心で真面目に治療を受けてきましたが、それでも1年の1/4ほどうつ症状が出て、日常生活が困難になることに疲れ果て、医療が信じられなくなり、民間療法の数々を試し、2年前に断薬に辿り着いたものの、この間の体調の悪さが「もう一度きちんとした診断を受けて、薬物療法だけに頼らない治療を受けよう」という冷静な判断を導いてくれ、慈恵医大で森田療法を受けようと迷わず思いました。
アンナ も ジュリア も,イエス の 言葉 が 正しい こと を 実感 し まし た。アンナ は こう 言い ます。「クリスチャン の 活動 に 参加 し て いる と,自分 の 抱える 問題 で は なく,他 の 人 の こと を 考える よう に なり ます。いつも そう できる わけ で は ない けど,以前 より は ずっ と 前向き に なり まし た」。ジュリア は,祈っ たり 聖書 を 読ん だり する こと で 心 が いや され,こう 述べ て い ます。「祈っ て,自分 の 思い を 神様 に 打ち明ける と,気持ち が 楽 に なり ます。聖書 を 読む と,神様 が わたし の こと を 大切 に 思い,本当 に 見 て い て くれる こと が 分かり ます。将来 に 対し て も ポジティブ に なれ ます」。
The WHO’s Centre for Development is strategically placed in Kobe to conduct research for health systems of the future accelerate progress towards UHC. We work with researchers across the globe to explore best practices and how they can help other countries achieve UHC. Our work focuses on innovative solutions that strengthen health and the delivery of healthcare solutions, especially for rapidly ageing populations.
 躁うつ病という病気は直接「死」につながる病気ではありません。人一倍働くこともできるし、人の何倍もの早さで人を好きになることだってできる、また激しく落ち込んだり、動けなくなってどん底にいてもやがて波が来てすくいあげてくれる時がくる、そんな不思議な病気なのです。だれにも信用されなくて、元気でいるかと思えば、戸を閉めたまま眠っている、失くした信用は、一生かかっても取り戻せないかもしれないけれど・・・特に身内の場合の信用は尚のこと・・・(金銭面で躁状態の時に何度も派手になっているので)それでも私はここまで病気とつきあっていると、こんな病気でも嫌いになれないのです。躁うつ病はもう今では私の身体の一部です。個性とか自我の様なものが人間にあるとしたら、私の場合、躁うつ病も含めて私の個性だと思いたいです。死んでも死にきれないし、治りたくてもどこまでも私にくっついて離れないのだから一緒にいるしか、一緒に生きていくしかないように思います。

地方でOLをしていたS子さんは、結婚を機に上京。初めての東京生活をワクワク気分でスタートさせました。ところが、半年ほどたったころから、様子が変に……。ふさぎ込んで外出もせず、家にこもりきり。食欲もなく、頭痛がする、体がだるいといっては、すぐに横になります。おしゃれには敏感だったのに、メイクもせず、ジャージで1日を過ごす姿には、夫も驚きました。倦怠感は特に朝がひどく、出勤する夫の朝食の準備もままなりません。S子さんは、コンビニに立ち寄る夫の姿を想像し、申し訳ない気持ちで、自分を責めましたが、心身の不調はどうにもなりません。実は、S子さんは友人ができないことに悩んでいたのです。まだ子どものいない専業主婦のS子さんには社会との接点が少なく、新しい環境で一から人間関係を築いていくのは想像以上に難しいものでした。新生活への期待が大きかっただけに、現実とのギャップに苦しみ、うつ病を発症させていたのです。
 躁うつ病という病気は直接「死」につながる病気ではありません。人一倍働くこともできるし、人の何倍もの早さで人を好きになることだってできる、また激しく落ち込んだり、動けなくなってどん底にいてもやがて波が来てすくいあげてくれる時がくる、そんな不思議な病気なのです。だれにも信用されなくて、元気でいるかと思えば、戸を閉めたまま眠っている、失くした信用は、一生かかっても取り戻せないかもしれないけれど・・・特に身内の場合の信用は尚のこと・・・(金銭面で躁状態の時に何度も派手になっているので)それでも私はここまで病気とつきあっていると、こんな病気でも嫌いになれないのです。躁うつ病はもう今では私の身体の一部です。個性とか自我の様なものが人間にあるとしたら、私の場合、躁うつ病も含めて私の個性だと思いたいです。死んでも死にきれないし、治りたくてもどこまでも私にくっついて離れないのだから一緒にいるしか、一緒に生きていくしかないように思います。

また、うつ病とは異なりますが、月経の10日~数日前から腰痛や腹痛、乳房痛、むくみ、便秘、下痢、吐き気などの身体症状やうつ状態、イライラ感、不安感、過眠などの精神症状が出ることがあり、これは「月経前症候群」(PMS)と呼ばれます。ほとんどの方は症状が軽く、月経がはじまると次第に治まっていきますから日常生活に大きな支障を来すことはありません。 一方、1年以上、月経周期ごとに強い精神症状が起きて仕事や生活に影響がある場合、「月経前不快気分障害」(PMDD)と診断されることがあります。これは10代~20代に発症することが多く、PMSと同様の身体症状が現れますが、社会生活に支障を来すほどの強い精神症状が特徴です。月経開始とともに症状が軽くなる点がうつ病*1と異なります。PMDDの原因はまだよくわかっていませんが、閉経すると起こらなくなりますから、性ホルモンの異常が関連している可能性があります。PMSとは違い、PMDDは病気です。治療が可能ですから、「月経が始まれば楽になるから」と我慢せずに婦人科や精神科で相談するようにしましょう。


The UK House of Lords Select Committee on Social Care Funding in England has called upon Dr Jonathan Cylus of WHO’s European Observatory on Health Systems and Policies to provide evidence and review the implications of potential revenue raising mechanisms to fund social care in England. WKC funded research was prominently featured in the discussion on the stability and sustainability of different funding mechanisms.
×