‚±‚̂悤‚ȏǏó‚Ì‚¢‚­‚‚©‚́AçN‚¤‚•aˆÈŠO‚Ì–â‘è‚ð•ø‚¦‚Ä‚¢‚éê‡|‚½‚Æ‚¦‚΁A–ò•¨‚Ì——pA”ñsA’ˆÓŒ‡Š×‘½“®áŠQiA.D.H.D.j‚╪—ô•a|‚̏Ǐó‚ÉŽ—‚Ä‚¢‚Ü‚·Bf’f‚Í’·Šú‚ɂ킽‚Á‚āA’ˆÓ[‚­ŠÏŽ@‚µ‚½ã‚ŏ‰‚߂ĉ”\‚É‚È‚è‚Ü‚·BŽ™“¶Â”NŠú¸_‰Èˆã‚É‚æ‚é\•ª‚È•]‰¿‚É‚æ‚Á‚āAŽq‚Ç‚à‚Ì–â‘肪çN‚¤‚•a‚É‚æ‚é‚à‚Ì‚©•Ê‚Ì–â‘è‚©‚ð‚Í‚Á‚«‚肳‚¹‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«A–â‘è‚ɉž‚¶‚½Ž¡—ÂðŽn‚߂邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚é‚悤‚É‚È‚é‚Å‚µ‚傤B
 パニック障害が治療対象となったのは1980年代以降です。それまで強烈な不安が、動悸や呼吸困難感とともに襲って来ることがあり、耐え難いものであることは、あまり認められていませんでした。生涯でパニック発作を経験する人は、全人口の数十%に達すると言われて居ますが、「心臓の病気かと思って病院に行ったけど、気のせいだった」などと、振り返って多くは笑い話になってしまいます。しかし、その時の不安は強烈で、なかなか制御困難であると言われています。パニックと診断されるのは少し抵抗があって、「アナライズ・ミー」というロバート・デニーロの喜劇映画がありますが、この中で「あんたは単にパニックなんだ」と軽く告知した医師に、「俺がパニックだと!」と激怒したマフィアのボスであるデニーロが襲いかかるシーンがあります。体験する本人には深刻な問題なので、丁寧に説明する必要があります。
また、海馬の神経損傷は幼少期の心的外傷体験を持つ症例に認められるとの研究結果から、神経損傷が幼少期の体験によってもたらされ、それがうつ病発病の基礎となっているとの仮説もある。コルチゾール(cortisol) は副腎皮質ホルモンであり、ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。また、このコルチゾールは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年心的外傷後ストレス障害 (PTSD) 患者の脳のMRIなどを例として観察されている[28]。心理的ストレスを長期間受け続けるとコルチゾールの分泌により、海馬の神経細胞が破壊され、海馬が萎縮する。心的外傷後ストレス障害 (PTSD)・うつ病の患者にはその萎縮が確認される。
うつ病でもっとも注意が必要なのは自殺ですが、産後うつ病の場合には子どもへの虐待や子どもを道連れにした母子心中に発展してしまう恐れがありますから、早期に発見して治療を開始することが必要です。過去にうつ病になったことがある場合、特に産後うつ病になったことがあると、発症リスクが高まると考えられています。うつ病の既往がある場合には、産婦人科の主治医の先生にもそのことを伝えておきましょう。産後うつ病を早期に発見する方法としては、イギリスで開発された「エディンバラ産後うつ病自己調査票(EPDS)」があります。産後の1カ月検診や新生児訪問時などに実施されている信頼性の高いテストですから、チェックしてみるとよいでしょう。ただし、正確な産後うつ病の診断には精神科を受診する必要があります。テストのスコアに関わらず不安を感じる場合には、産婦人科や精神科で相談してみましょう。

次に、「人の為に尽くす」ということですが、そんなに大げさなことはしなくていいのです。人に親切にするのです。人に優しく接するのです。そしたら、相手は喜んでくれるかもしれません。素敵な笑顔に出会えるかもしれません。「人に尽くす」という言葉は、自己犠牲的なイメージを持たれる方がおられるかも知れませんが、「どうしたら他人に喜んでもらえるかなぁ」と考えることは、だんだんとても楽しいことになっていきます。そして何よりも私達神経質者にとって、「自分のことばかり考えている」という呪縛から逃れられるのです。自分のことばかり考えていたら、それはもういろんなことが、心配になってきて悩ませられるのは、当然です。「どうしたら他人に喜んでもらえるかなぁ」と考えることは、自己中心性を少なくし、人間関係もうまくスムーズに流れるように思います。他人に喜んでもらうということが、自分にとって最高の喜びだと感じるようになれば、こんな幸せことはありません。
 うつ病は、一言で説明するのはたいへん難しい病気ですが、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、それによって憂うつな気分やさまざまな意欲(食欲、睡眠欲、性欲など)の低下といった心理的症状が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状を伴うことも珍しくありません。つまり、エネルギーの欠乏により、脳というシステム全体のトラブルが生じてしまっている状態と考えることもできます。 私たちには自然治癒力という素晴らしい機能が備わっていて、通常はさまざまな不具合を回復へ導いてくれます。私たちは日常生活の中で、時折憂うつな気分を味わいます。不快な出来事によって食欲が落ちることもあります。しかし、脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって、時間の経過とともに元気になるのが通常です。時間の経過とともに改善しない、あるいは悪化する場合には生活への支障が大きくなり、「病気」としてとらえることになります。そのため、仕事・家事・勉強など本来の社会的機能がうまく働かなくなり、また人との交際や趣味など日常生活全般にも支障を来すようになります。
アンナ も ジュリア も,イエス の 言葉 が 正しい こと を 実感 し まし た。アンナ は こう 言い ます。「クリスチャン の 活動 に 参加 し て いる と,自分 の 抱える 問題 で は なく,他 の 人 の こと を 考える よう に なり ます。いつも そう できる わけ で は ない けど,以前 より は ずっ と 前向き に なり まし た」。ジュリア は,祈っ たり 聖書 を 読ん だり する こと で 心 が いや され,こう 述べ て い ます。「祈っ て,自分 の 思い を 神様 に 打ち明ける と,気持ち が 楽 に なり ます。聖書 を 読む と,神様 が わたし の こと を 大切 に 思い,本当 に 見 て い て くれる こと が 分かり ます。将来 に 対し て も ポジティブ に なれ ます」。
UHC means that all people have access to the quality health services they need, when and where they need it, without financial hardship.  Making the right to health a reality is one of WHO’s primary goals. WHO is committed to ensuring that by 2024, one billion more people will benefit from access to services that address the most significant causes of disease and death. The quality of these services must be good enough to improve the health of people who receive them. The cost of services must not push people into poverty and destroy their futures and perhaps those of their children.

 うつ病の治療には「休養」、「薬物療法」、「精神療法・カウンセリング」という大きな3つの柱があります。こころの病気の治療は特別なものと考えがちですが、じつはこの治療の3本柱は身体疾患と基本的に同じです。たとえば骨折を例にとってみますとイメージしやすいかもしれません。骨が折れてしまった場合には、患部をいたわりギプスを巻いてあまり使わないようにします。これが「休養」にあたります。しかし腫れや痛みといった症状がひどい場合には、休養もしっかり取れません。そこで鎮痛剤を服用することになります。このように苦痛な症状を軽減し休養を有効に取りやすくすることによって、自然治癒力を引き出そうというのが「薬物療法」です。さて最後に骨がまた折れることがないよう、再発予防を考えます。強い骨にするために日常生活でもカルシウムを多く摂取するように心がけるなど、生活習慣上の対応を考えていくのが「精神療法・カウンセリング」にあたります。
アンナ も ジュリア も,イエス の 言葉 が 正しい こと を 実感 し まし た。アンナ は こう 言い ます。「クリスチャン の 活動 に 参加 し て いる と,自分 の 抱える 問題 で は なく,他 の 人 の こと を 考える よう に なり ます。いつも そう できる わけ で は ない けど,以前 より は ずっ と 前向き に なり まし た」。ジュリア は,祈っ たり 聖書 を 読ん だり する こと で 心 が いや され,こう 述べ て い ます。「祈っ て,自分 の 思い を 神様 に 打ち明ける と,気持ち が 楽 に なり ます。聖書 を 読む と,神様 が わたし の こと を 大切 に 思い,本当 に 見 て い て くれる こと が 分かり ます。将来 に 対し て も ポジティブ に なれ ます」。
 うつ病は、一言で説明するのはたいへん難しい病気ですが、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、それによって憂うつな気分やさまざまな意欲(食欲、睡眠欲、性欲など)の低下といった心理的症状が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状を伴うことも珍しくありません。つまり、エネルギーの欠乏により、脳というシステム全体のトラブルが生じてしまっている状態と考えることもできます。 私たちには自然治癒力という素晴らしい機能が備わっていて、通常はさまざまな不具合を回復へ導いてくれます。私たちは日常生活の中で、時折憂うつな気分を味わいます。不快な出来事によって食欲が落ちることもあります。しかし、脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって、時間の経過とともに元気になるのが通常です。時間の経過とともに改善しない、あるいは悪化する場合には生活への支障が大きくなり、「病気」としてとらえることになります。そのため、仕事・家事・勉強など本来の社会的機能がうまく働かなくなり、また人との交際や趣味など日常生活全般にも支障を来すようになります。
2012年2月までの以下のデータベースを検索した。 :Cochrane Collaboration Depression, Anxiety and Neurosis Group (CCDAN) trials registers (CCDANCTR-References and CCDANCTR-Studies)、これはMEDLINE(1950年~)、EMBASE(1974年~)、PsycINFO(1967年~)、Cochrane Central Register of Controlled Trials(CENTRAL、すべての年)の関連性のあるランダム化比較試験(RCT)を含んでいる。 また、World Health Organization (WHO) trials portal (ICTRP)、ClinicalTrials.govおよびCINAHL(2010年11月までのみ)も検索した。 選択した全研究の報告の参考文献リストを調べ、その後追加された研究報告については公表されたシステマティックレビューを調べた。
×