WKC in collaboration with the Cicely Saunders Institute for Palliative Care, Policy and Rehabilitation, King’s College London, are pleased to announce that our paper ‘Service Delivery Models to Maximize Quality of Life for Older People at the End of Life: A Rapid Review’ has been published in the current edition (March 2019) of The Milbank Quarterly. The paper, which is open access, can be accessed at: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/1468-0009.12373.
We are committed to translating these research findings into practice, to stimulate policies and galvanize action to achieve UHC and the Sustainable Development Goals. We are determined that our research on health development will contribute to making universal health care a reality for everyone. We are dedicated to health for all, for everyone, everywhere.
 「メランコリー型」、「非定型」、「季節型」、「産後」などがあります。「メランコリー型」は、典型的なうつ病と言われることの多いタイプです。さまざまな仕事や責務、役割に過剰に適応しているうちに脳のエネルギーが枯渇してしまうような経過をたどるものを指しています。特徴としては、良いことがあっても一切気分が晴れない、明らかな食欲不振や体重減少、気分の落ち込みは決まって朝がいちばん悪い、早朝(通常の2時間以上前)に目が覚める、過度な罪悪感、などがあります。それに対し「非定型」ですが、特徴としては、良いことに対しては気分がよくなる、食欲は過食傾向で体重増加、過眠、ひどい倦怠感、他人からの批判に過敏、などがあります。「季節型」は「反復性」の一種で、特定の季節にうつ病を発症し季節の移り変わりとともに回復がみられます。どの季節でも起こりうるのですが、冬季うつ病が有名で日照時間との関係が言われています。「産後」のうつ病は、産後4週以内にうつ病を発症するものです。ホルモンの変化、分娩の疲労、子育てに対する不安、授乳などによる睡眠不足など、不健康要因が重なることが影響していると考えられています。
次に、「人の為に尽くす」ということですが、そんなに大げさなことはしなくていいのです。人に親切にするのです。人に優しく接するのです。そしたら、相手は喜んでくれるかもしれません。素敵な笑顔に出会えるかもしれません。「人に尽くす」という言葉は、自己犠牲的なイメージを持たれる方がおられるかも知れませんが、「どうしたら他人に喜んでもらえるかなぁ」と考えることは、だんだんとても楽しいことになっていきます。そして何よりも私達神経質者にとって、「自分のことばかり考えている」という呪縛から逃れられるのです。自分のことばかり考えていたら、それはもういろんなことが、心配になってきて悩ませられるのは、当然です。「どうしたら他人に喜んでもらえるかなぁ」と考えることは、自己中心性を少なくし、人間関係もうまくスムーズに流れるように思います。他人に喜んでもらうということが、自分にとって最高の喜びだと感じるようになれば、こんな幸せことはありません。
1980年にアメリカ精神医学会 (APA) が出版した『精神障害の診断と統計マニュアル』第3版 (DSM-III) は、DSM-IIの内因性うつ病というカテゴリーを削除し、うつ病のサブタイプにメランコリー型という分類を追加した[12]。このメランコリーの特徴は、最も重篤な抑うつでまったく何も楽しめず、感じないといった特徴を持ち、最低限の栄養補給を誘導しなくてはならない[21]。そして、1987年のDSM-III-Rのメランコリー型の診断基準には、身体的な抗うつ療法によく反応したことという一文が加えられ、それを実証した研究がないため議論が起こった[12]。そのため実験が行われ、メランコリー型はそうでないものに比べて、身体的な抗うつ療法に良好な反応をするという知見は得られず、DSM-IVではこの基準は削除された[12]。当時は、反応の違いの原因は重症度であり、中等症のうつ病に抗うつ薬が奏功すると考えられた[12]。(現在の知見と異なる)なおDSM-IVではメランコリー型、DSM-5メランコリーと邦訳されている。
地方でOLをしていたS子さんは、結婚を機に上京。初めての東京生活をワクワク気分でスタートさせました。ところが、半年ほどたったころから、様子が変に……。ふさぎ込んで外出もせず、家にこもりきり。食欲もなく、頭痛がする、体がだるいといっては、すぐに横になります。おしゃれには敏感だったのに、メイクもせず、ジャージで1日を過ごす姿には、夫も驚きました。倦怠感は特に朝がひどく、出勤する夫の朝食の準備もままなりません。S子さんは、コンビニに立ち寄る夫の姿を想像し、申し訳ない気持ちで、自分を責めましたが、心身の不調はどうにもなりません。実は、S子さんは友人ができないことに悩んでいたのです。まだ子どものいない専業主婦のS子さんには社会との接点が少なく、新しい環境で一から人間関係を築いていくのは想像以上に難しいものでした。新生活への期待が大きかっただけに、現実とのギャップに苦しみ、うつ病を発症させていたのです。
UHC and primary health care recognise that health is a fundamental human right. They put people at the centre, and empower individuals, families and communities with knowledge and care to optimize their health. This requires stakeholders to work together across sectors to address the social, economic, environmental and commercial factors that influence health and wellbeing (the determinants of health). A health system strengthened through UHC and primary health care is resilient and copes better with natural disasters and emergencies.
^ Stone, M; Laughren, T, Jones, ML, Levenson, M, Holland, PC, Hughes, A, Hammad, TA, Temple, R, Rochester, G (2009-08-11). “Risk of suicidality in clinical trials of antidepressants in adults: analysis of proprietary data submitted to US Food and Drug Administration”. BMJ (Clinical research ed.) 339: b2880. doi:10.1136/bmj.b2880. PMC 2725270. PMID 19671933.
‚P‚O‘ã‚ÌçN‚¤‚•a‚ÌŽq‚Ç‚à‚ɑ΂·‚é—LŒø‚ÈŽ¡—ª‚ ‚è‚Ü‚·BçN‚¤‚•a‚ɑ΂·‚é—LŒø‚ÈŽ¡—ẤA•a‹C‚ɂ‚¢‚ẲƑ°‚Ö‚Ì‹³ˆçA’YŽ_ƒŠƒ`ƒEƒ€iƒŠ[ƒ}ƒXj–‚È‚Ç‚É‚æ‚é–ò•¨—Ö@A¸_—Ö@‚È‚Ç‚ðŠÜ‚Ý‚Ü‚·BƒŠƒ`ƒEƒ€‚Í‚µ‚΂µ‚΁AçNó‘Ô‚É‚È‚é‰ñ”‚â‚»‚Ì’ö“x‚ðŒ¸‚ç‚µA‚Ü‚½‚¤‚ó‘Ô‚ð—\–h‚·‚邱‚Æ‚É‚à–𗧂¿‚Ü‚·B¸_—Ö@‚́AŽq‚Ç‚à‚½‚¿‚ªŽ©•ª‚Ì‚±‚Æ‚ð—‰ð‚µAƒXƒgƒŒƒX‚É“K‰ž‚µAŽ©M‚ð‰ñ•œ‚µA‘ΐlŠÖŒW‚ð‰ñ•œ‚·‚邱‚Æ‚ð•‚¯‚Ü‚·B
1980年にアメリカ精神医学会 (APA) が出版した『精神障害の診断と統計マニュアル』第3版 (DSM-III) は、DSM-IIの内因性うつ病というカテゴリーを削除し、うつ病のサブタイプにメランコリー型という分類を追加した[12]。このメランコリーの特徴は、最も重篤な抑うつでまったく何も楽しめず、感じないといった特徴を持ち、最低限の栄養補給を誘導しなくてはならない[21]。そして、1987年のDSM-III-Rのメランコリー型の診断基準には、身体的な抗うつ療法によく反応したことという一文が加えられ、それを実証した研究がないため議論が起こった[12]。そのため実験が行われ、メランコリー型はそうでないものに比べて、身体的な抗うつ療法に良好な反応をするという知見は得られず、DSM-IVではこの基準は削除された[12]。当時は、反応の違いの原因は重症度であり、中等症のうつ病に抗うつ薬が奏功すると考えられた[12]。(現在の知見と異なる)なおDSM-IVではメランコリー型、DSM-5メランコリーと邦訳されている。

 躁うつ病という病気は直接「死」につながる病気ではありません。人一倍働くこともできるし、人の何倍もの早さで人を好きになることだってできる、また激しく落ち込んだり、動けなくなってどん底にいてもやがて波が来てすくいあげてくれる時がくる、そんな不思議な病気なのです。だれにも信用されなくて、元気でいるかと思えば、戸を閉めたまま眠っている、失くした信用は、一生かかっても取り戻せないかもしれないけれど・・・特に身内の場合の信用は尚のこと・・・(金銭面で躁状態の時に何度も派手になっているので)それでも私はここまで病気とつきあっていると、こんな病気でも嫌いになれないのです。躁うつ病はもう今では私の身体の一部です。個性とか自我の様なものが人間にあるとしたら、私の場合、躁うつ病も含めて私の個性だと思いたいです。死んでも死にきれないし、治りたくてもどこまでも私にくっついて離れないのだから一緒にいるしか、一緒に生きていくしかないように思います。


10 代 で うつ病 に なる 率 は,女子 の ほう が 高い よう です。それ は,男子 より も 感情 的,身体 的,性的 な いやがらせ や 虐待 に 遭う こと が 多い から です。そう し た こと から 来る ストレス も,うつ病 の 一因 か も しれ ませ ん。「自分 の 外側 の 恐ろしい 世界 と 内側 の カオス が ぶつかる と,圧倒 さ れ て しまい,混乱 を きたす こと が 多い」と,専門 の カウンセラー で ある シャロン ・ ハーシュ は 書い て い ます。また,女 の 子 はメディア が 描く“理想 の”体型 に 必要 以上 に 振り回さ れること が あり ます。自分 の 外見 に 自信 が なかっ たり,友達 に どう 見 られ て いる か を 気 に しすぎ たり する と,うつ病 に なり やすい か も しれ ませ ん。 *

大学卒業後、現在の会社に入社しました。最初は、会社生活になかなかなじめませんでしたが、こつこつと努力を積み重ねた私の仕事ぶりは、いつのまにか認められるようになり、仕事に大きな自信が持てるようになっていきました。係長に昇格した翌年、結婚しました。すべてが順調に回転していた時期でした。しかし、周囲の期待に応えようと、日々全力投球で仕事に没頭し、以降うつ病で倒れるまで、深夜残業、休日出勤が続きました。家庭生活では、妻が近くに住む嫁姑問題が原因で、不安神経症となり、精神科に通院するようになりました。1年間程、妻はひきこもり状態になりました。悪いことは重なるもので、不況から会社の業績は急激に悪化してきました。仕事は更に激しさを増し、職場は戦場と化し、それと妻の看病、家事。私はフラフラの兵士でした。この頃、自分の精神状態がおかしいことに気づき、妻の病気の関係上、多少知識がありましたので、これは、うつ病だと思い、迷わず精神科に行きました。結果はやはりうつ病でした。医師からはしばらく会社を休むように勧められましたが、会社は、長期の休みを言い出す雰囲気ではありませんでした。また人事異動で上司が変わり、その上司との人間関係にも悩み、自分はだんだんと追い詰められていきました。ついに会社の事務所で倒れ、以降数ヶ月間会社を休み、また嫁姑との更なる関係悪化から、妻が突然、家を出て行き別居生活にはいりました。私がうつ病ではなかったら、妻と母親との間に入り別居、そして離婚という事態には至らなかったかもしれません。
×