ハーブとして利用されているセント・ジョーンズ・ワートは、ドイツをはじめいくつかの国では軽症のうつに対して従来の抗うつ薬より広く処方されている[203]。日本ではサプリメントとして市販されている。副作用があり、日本での治療エビデンスは希薄である[151]。臨床研究の結果は成否さまざまで、軽症から中等症のうつに対して有効でかつ従来の抗うつ薬よりも副作用が少ないとする研究がある一方で、プラセボ以上の効果は見られないとする研究もある。コクランレビューによる2008年の報告[204]によると、これまでのエビデンスからプラセボ群より優れた効果を示し、標準的な抗うつ薬と同等に効果があるが副作用は小さいことが示唆されるという。ただし重度の抑うつには効果が弱いとされるほか、同時に服用した他の薬の効果に干渉することがあるため注意が必要とされる[205]。
まず一つめの「今を生きる」ですが、森田先生が、しばしば引用されている達磨大師のことば、『前を謀らず後ろを慮らず』という言葉がありますが、これは「今を生きる」ということです。人間死ぬまで、当たり前のことですが、自分の思い通りには生きられません。この当たり前のことを私は傲慢にも自分だけは、自分の描いた理想通りに生きたい、一生懸命に努力さえすれば、それは可能だと考えておりました。たった一度の自分の人生だから、必ず私は自分の夢を手に入れたいと願望していました。言葉を変えれば、完全主義の人生を歩みたいと願っておりました。なんて私は馬鹿なことを考えていたのでしょう。そのために自分の理想ばかりに、とらわれ、もがき苦しんできたのです。将来なんて誰にもわかりませんし、何が起こるかなんて予想出来ません。自分の理想の将来なんてことを考えてばかりいたら、おかしくなるのは当然です。それよりも今、自分のできることに着実に取り組み、また完全主義にとらわれず、70%主義で生きることを心がけております。
 「メランコリー型」、「非定型」、「季節型」、「産後」などがあります。「メランコリー型」は、典型的なうつ病と言われることの多いタイプです。さまざまな仕事や責務、役割に過剰に適応しているうちに脳のエネルギーが枯渇してしまうような経過をたどるものを指しています。特徴としては、良いことがあっても一切気分が晴れない、明らかな食欲不振や体重減少、気分の落ち込みは決まって朝がいちばん悪い、早朝(通常の2時間以上前)に目が覚める、過度な罪悪感、などがあります。それに対し「非定型」ですが、特徴としては、良いことに対しては気分がよくなる、食欲は過食傾向で体重増加、過眠、ひどい倦怠感、他人からの批判に過敏、などがあります。「季節型」は「反復性」の一種で、特定の季節にうつ病を発症し季節の移り変わりとともに回復がみられます。どの季節でも起こりうるのですが、冬季うつ病が有名で日照時間との関係が言われています。「産後」のうつ病は、産後4週以内にうつ病を発症するものです。ホルモンの変化、分娩の疲労、子育てに対する不安、授乳などによる睡眠不足など、不健康要因が重なることが影響していると考えられています。
ハーブとして利用されているセント・ジョーンズ・ワートは、ドイツをはじめいくつかの国では軽症のうつに対して従来の抗うつ薬より広く処方されている[203]。日本ではサプリメントとして市販されている。副作用があり、日本での治療エビデンスは希薄である[151]。臨床研究の結果は成否さまざまで、軽症から中等症のうつに対して有効でかつ従来の抗うつ薬よりも副作用が少ないとする研究がある一方で、プラセボ以上の効果は見られないとする研究もある。コクランレビューによる2008年の報告[204]によると、これまでのエビデンスからプラセボ群より優れた効果を示し、標準的な抗うつ薬と同等に効果があるが副作用は小さいことが示唆されるという。ただし重度の抑うつには効果が弱いとされるほか、同時に服用した他の薬の効果に干渉することがあるため注意が必要とされる[205]。
Primary health care is the foundation of universal health coverage. It is an approach that embraces all of society for better health and wellbeing, centred on the needs and preferences of individuals, families and communities. It focuses on the essential package of care needed for physical, mental and social health and wellbeing, from promotion of health and prevention of disease and ill health, to treatment, rehabilitation and end-of-life care, in accessible settings where people live or work.

Achieving Universal Health Coverage by 2030 will require strong evidence about systems innovations and sharing of lessons learned across countries. The WHO Center for Health Development supports generating new research, building the evidence base, and increasing capacity to advance sustainable universal health coverage. Located in Kobe, Japan, the Center has a unique role in bringing together initiatives from local to global level.
But beyond Japan, much more needs to be done. In the South-East Asia region, around 800 million people do not have full coverage of essential services. At least 65 million people are pushed into poverty because of health spending, mainly on medicines. Over 18 million additional health workers are needed by 2030  to meet the global targets of the Sustainable Development Goals and UHC.
10 代 で うつ病 に なる 率 は,女子 の ほう が 高い よう です。それ は,男子 より も 感情 的,身体 的,性的 な いやがらせ や 虐待 に 遭う こと が 多い から です。そう し た こと から 来る ストレス も,うつ病 の 一因 か も しれ ませ ん。「自分 の 外側 の 恐ろしい 世界 と 内側 の カオス が ぶつかる と,圧倒 さ れ て しまい,混乱 を きたす こと が 多い」と,専門 の カウンセラー で ある シャロン ・ ハーシュ は 書い て い ます。また,女 の 子 はメディア が 描く“理想 の”体型 に 必要 以上 に 振り回さ れること が あり ます。自分 の 外見 に 自信 が なかっ たり,友達 に どう 見 られ て いる か を 気 に しすぎ たり する と,うつ病 に なり やすい か も しれ ませ ん。 *
Primary health care is the foundation of universal health coverage. It is an approach that embraces all of society for better health and wellbeing, centred on the needs and preferences of individuals, families and communities. It focuses on the essential package of care needed for physical, mental and social health and wellbeing, from promotion of health and prevention of disease and ill health, to treatment, rehabilitation and end-of-life care, in accessible settings where people live or work.
入会一年後に、生活の発見会の基準型学習会に参加し、翌年、学習会の世話役チーフを担当させていただきました。その期間中の6月中旬のある日の朝でした。自分の力だけで、自然に朝7時に目が覚めたのです。朝7時起床というのは、うつ病になる前に、私が起床する時間でした。驚き、感動しました。約3年ぶりの出来事です。それまでは、恥ずかしながら、自分の力では起きられず、近所に住む母親に起こしてもらって、なんとか会社の始業時間に間に合うという具合でした。その日から規則正しい生活が出来るようになりました。世話役チーフになり、受講生の皆さんのお世話をさしていただいたことが、私のうつ病が好転するきっかけになったことは、まちがいありません。学習会には、様々な切実な悩みをもった受講生がきています。その一人一人の悩みを考え、なんとか少しでもお役に立ちたいと日々考えるようになりました。そうすると当然ながら、自分の症状、悩み、苦しみにばかり毎日とらわれていた自分から、他者に自分の意識が、大きく向けられるようになったのです。
×